Web予約 Sante et Beaute カルテ 産婦人科医 尾西芳子 official blog Ameba

東京都港区高輪3-8-17 メディカルプライム高輪3F 都営浅草線 高輪台駅から徒歩1分

お問合せはお気軽に 只今準備中です

電話

高輪台レディースクリニック

受付

妊婦健診

妊婦健診

分娩は行っておりませんので里帰り希望の方、また愛育病院・日赤医療センター・済生会中央病院とセミオープンシステム※を利用する方、分娩先が他院で妊婦健診可能な方の33週ごろ(妊娠8か月終わり~9か月初め)までの妊婦健診を行っております。持病があるなど合併症によっては連携病院にご紹介させていただきます。

当院では、都内以外に横浜市と川崎市にお住まいの方も、妊婦健康診査受診票(妊婦健康診査費用の一部の助成票)をご利用いただけます。
他の県、市のチケットをお持ちの方も当院で妊婦健診は可能ですが、チケット利用については別途手続きが必要です。

産科セミオープンシステムについて

セミオープンシステムとは、病院の設備とスタッフを地域のクリニックの医師に開放(オープン)することによって、病院を共同で利用する病診連携システムのことです。
そして「産科セミオープンシステム」では、「妊婦健診」は、当院のような近くの通いやすいレディースクリニック等で受け、分娩は病院や周産期センターで行います。
病院や周産期センターには診療設備が整っているため、より安全なお産が期待できますし、多くは複数の医師が診療を行っているため、時間外や緊急時の対応も可能です。クリニックでは平日の午後や土曜日も診療を行っていることが多いため受診しやすく、待ち時間も比較的短くて済みます。
それぞれの医療機関のメリットを生かせる産科セミオープンシステムなら、分娩の安全性と妊産婦の利便性とを、同時に実現することができるのです。

母子手帳・妊婦健診費用について

予定日が決まったら住民票のある区(市)役所へ行き、母子手帳の交付を受けてください。特に証明書は必要なく無料で交付してもらえます。
(病院名記載がありますので、
「高輪台レディースクリニック 〒108-0074 港区高輪台3-8-17 メディカルプライム
高輪3F 医師:瀧澤 慎または芳子」とお書きください)
一緒に渡される妊婦健診チケットは健診ごとに必ずお持ちください。(忘れた場合は実費負担いただき、後日チケット持参で返金いたします)

母子手帳持参後の妊婦健診の費用で大きな額(1万円以上)になるのは初期の採血時、20週・30週の胎児精密エコーの時になります。その他の健診時は約¥6000~8000となります。

妊婦健診の間隔

(1)妊娠23週(第6月末)まで:4週間に1回
(2)妊娠24週~35週(第7~9月末):2週間に1回
(3)妊娠36週(第10月)以後、出産まで:毎週1回
※33週頃からは分娩準備のため、分娩施設で妊婦健診を行うことになります。

  • 妊婦健診中のエコー画像はUSBに記録できます。(希望者のみ)
  • 14週以降の妊婦健診時には、毎回3D4Dでよりリアルな赤ちゃんを見ることができます。
  • また助産師による母乳指導なども希望によって行っております。

妊婦健診で行われる検査

妊婦健診で行う検査は、どれも母体とお腹の赤ちゃんの健康を確かめるための、大事な内容ばかりです。
例えば血液型検査は、出産時の万一の大出血に備えるばかりではありません。お母さんの血液型 が Rh(-)というタイプの場合、赤ちゃんに血液型不適合という状態が起こり、貧血や黄疸が強く出ることがあります。こういったケースを防ぐためにも大切な検査です。
また、B型肝炎ウイルスの抗原検査は、お母さんがそのウイルスをもっていると、出産時に赤ちゃんに感染することがあるからです。母体の感染がわかっていれば、母子感染を防ぐために、生後間も無い赤ちゃんに免疫グロブリンやワクチンを接種して、その感染を防ぎます。

具体的な妊婦健診の項目

(1)妊娠初期に行う検査

  • 血液検査
    (血液型;ABO式、Rh式/不規則抗体検査/貧血の有無/HIV/梅毒血清反応/B型肝炎ウイルス抗原検査/C型肝炎ウイルス抗体検査/風疹ウイルス抗体検査/甲状腺ホルモン/血糖値)
  • 子宮頸がん検査 など
  • トキソプラズマは希望者のみ(費用別途)

*貧血検査は、初期・中期・末期に、それぞれ1回ずつ行います。

(2)定期妊婦健診で毎回行う検査

  • 胎児の大きさ、位置の確認
  • 胎児心音の確認
  • 体重測定
  • 血圧測定
  • 尿検査(糖、たんぱく)
  • むくみの有無 など

(3)その他、妊娠中に行う検査

  • 超音波検査(胎児の発育、胎盤の位置、羊水量、子宮頸管長など)
  • 血糖値
  • 血液凝固検査
  • HIV抗体検査
  • 性器クラミジア検査
  • B群溶血性連鎖球菌検査 など

*以上のほかにも、必要な場合には随時、検査を実施いたします。

(4)超音波検査

妊婦健診のエコー検査は赤ちゃんの推定体重、羊水量などをチェックしています。
エコー画像はUSBに記録できます。(希望者のみ USB代初回のみ¥800)

通常の妊婦健診とは異なり、20週と30週の胎児精密エコーでは時間をかけてより詳しく体 の各部位(頭部、心臓、腹部、顔面、骨格、胎盤、臍の緒など)に異常がないか見ていきます。
基本的には当院で妊婦健診中の方は皆さん受けていただいております。(胎児精密エコー¥10000)

(5)出生前検査

当院では希望される方に12-13週頃に採血とNT(赤ちゃんの首の後ろのむくみ)測定によるマターナルスクリーン(他院ではオスカー検査、FTS検査と呼ばれることもあります)、15週頃に採血で行うクアッドスクリーン(他院ではクアトロ検査と呼ばれることもあります)を行っています。説明をご希望される方はお申し出ください。詳しくは出生前検査・胎児ドックのページをご覧ください。

次のような症状が出たら早目の受診をおすすめします。

  • むくみ
  • 性器出血
  • 腹痛
  • 発熱
  • 下痢
  • めまい
  • はきけ・嘔吐
  • 強い不安感
  • がんこな便秘
  • 普段と違うおりもの
  • 強い頭痛
  • つわりで衰弱がひどい
  • イライラ
  • 動悸が激しい
  • 今まであった胎動を感じない

【よくある質問】 妊婦健診について

  • 市販の妊娠検査薬で陽性反応が出ました。いつ頃までに受診すべきですか?
    特に腹痛や出血がなければ生理予定日より1~2週程度経ってからの受診が良いでしょう。
  • つわりが辛くて辛くて苦しいです。
    毎日辛いですよね。そういう時は無理に食事しなくて大丈夫です。しかし水分も取れない時は、点滴して水分補給をする必要があります。また吐き気止めやビタミンも同時に点滴するので少し症状が和らぎます。
    また、妊婦さんでも飲める吐き気どめもあります。我慢しすぎないで是非相談に来てください。
  • 里帰り出産を希望しているのですが、緊急時にはどのような対応をしてくださるのですか?
    当院の休院日および夜間の緊急時の対応として、提携している総合病院に緊急時対応カルテを作りスムーズに対応できる体制をとっております。
  • 夫~子連れでも大丈夫ですか?
    是非ご家族でいらしてください。
    お腹の赤ちゃんをご家族皆さんで見ることは、これから産まれてくる赤ちゃんにとっても喜ばしい事でしょう。
    普段、お忙しいお父さんも3D/4Dの立体的な画像でお腹の赤ちゃんを見るとホッコリしていただけると思います。
  • 性別は教えていただけますか?
    ご希望があればお教えします。
    ただし、週数によってはわかりにくいこともあり、100%ではないことをご了承ください。
    見えにくい場合は毎回確認いたしますので、その都度お伝えください。
  • むくみへの対応はされていますか?毎週火曜日に、アロママッサージを取り入れています。
    妊婦さんでも安心して使用できるオイル、エッセンスを使用しています。
    施術師はマタニティマッサージに精通したアロマセラピストですので安心してお受けいただけます。
    *他院通院中の妊婦さんは、先生の許可をいただいて来てください。
    むくみに対する漢方薬の処方も行っておりますのでお気軽にご相談ください
  • 流産や中絶の経験は、病院に伝えなければならないのでしょうか?
    大切なことですのでお話してください。
    言いづらいことがあれば、お手紙でもよいです。
    なんでもご相談ください。
  • 内診が憂鬱です。
    緊張して力をいれすぎたりすると膣やお腹が固くなるために余計痛くなってしまいます。
    深呼吸してリラックスした状態で診察を受けていただくとあっという間に終わってしまいます。