Web予約 Sante et Beaute カルテ 産婦人科医 尾西芳子 official blog Ameba

東京都港区高輪3-8-17 メディカルプライム高輪3F 都営浅草線 高輪台駅から徒歩1分

お問合せはお気軽に 只今準備中です

電話

高輪台レディースクリニック

受付

予防接種

予防接収

当院では、主に成人向けにインフルエンザワクチン、子宮頸がん予防ワクチン、MRワクチン(風疹・麻疹)の接種を、それぞれ行っております。
(小児の予防接種は行っておりません。)

予防接種とは

予防接種は、細菌やウイルスなどの病原体からつくったワクチンを接種することによって特定の病気になりにくくし、また、たとえその病気になったとしても軽く済むようにします。
ワクチンは、感染症の原因となる各種の細菌やウイルスの病原性を弱めたり、また、それらを無毒化したりしてつくられます。これを注入することによって、体内に抗体*をつくらせ、接種以後、当該感染症にかかりにくくし、また重症化を防ぎます。
*抗体:病原体と結合し、それを体内から除去するように働くたんぱく分子。

インフルエンザワクチン

インフルエンザは、インフルエンザウイルスへの感染による疾患で、発症すると38℃以の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、寒気などの全身症状が現れます。併せて普通の風邪と同じように、喉の痛み、鼻汁、せきなどの症状も見られます。お子様では痙攣や中耳炎、稀には急性脳症を、ご高齢者や免疫力の低下している方では肺炎を併発するなど、重症化するケースがあります。

インフルエンザワクチンの接種で予防

インフルエンザを予防する有効な手段の一つに、流行前のワクチン接種があります。
インフルエンザウイルスは毎年少しずつ性質を変え、異なるタイプが流行しますので、それに対応するために、予防接種も毎年行う必要があります。

インフルエンザワクチンの接種時期

インフルエンザワクチンは、接種してから効果が出るまでに約2週間かかり、その効果は約5ヶ月間持続します。日本では、インフルエンザが例年12月~翌3月頃に流行するので、毎年10月下旬~12月に接種するのが妥当でしょう。
*2015年から、インフルエンザワクチンは、A型2株、B型2株を含む4価(4種混合)ワクチンになりました。

妊婦さんのインフルエンザ予防接種

不活化ワクチンが使われているインフルエンザワクチンは毒性を消し、予防に必要な成分だけを使ってつくられていますから、副反応が少なくなります。
体内にウイルスが侵入するわけではないので、ウイルスが増殖することもありません。つまり、お腹の赤ちゃんにワクチンが悪影響を与える可能性も極めて低いと言えるわけです。
さらに、以前よりも副反応が少なくなった改良型のインフルエンザHAワクチンというものが使われているので、より安心できるようになりました。
妊娠期間のどの時期でも予防接種が受けられます。

子宮頸がん予防ワクチン接種

子宮頸がんの患者は、年間12,500人程度(2015年予測)と報告されています。年代別に見た患者数は、20代後半から増えていき、40代以降はおおむね横ばいになります。しかし最近では、特に若い年齢層(20~39歳)で患者が増えています。また、子宮頸がんで亡くなる方は、年間2,800人程度(2015年予測)と報告されています。年代別に見ると、30代後半から増える傾向にあります。
子宮頸がんの発生にはヒトパピローマウイルス(HPV)と呼ばれるウイルスが関わっています。このウイルスは、子宮頸がんの患者の90%以上で見つかることが知られており、HPVが長期にわたり感染することで、がんになると考えられています。HPVは一般に、性行為を介して感染することが知られています。

  • 子宮頸部の細胞に異常が無い女性のうち、10~20%程度の方がヒトパピローマウイルス(HPV)に感染していると報告されています。また、海外では性行為を行う女性の50~80%が、生涯に一度はHPVに感染するとの報告があります。
  • ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染しても、90%以上の場合、2年以内にウイルスは自然に排出されると考えられています。しかし、ウイルスが自然に排出されず、数年から数十年にわたって持続感染した場合には、がんになることがあると言われます。
  • 子宮頸がんの予防法としては、子宮頸がん予防ワクチンを接種することで、ヒトパピローマウイルスの感染を予防する方法が挙げられます。
  • ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン
    当院で扱う子宮頸がん予防ワクチンは、子宮頸がん全体の50~70%の原因とされる2種類のヒトパピローマウイルス(16型と18型)に加えて、尖圭コンジローマの主要な原因となるHPV6型と11型の感染も防ぎます。これまで、16型と18型の感染やがんになる手前の異常(異形成)を90%以上予防したと報告されています。
    こうしたワクチンと検診により、子宮頸がんを予防することが可能です。 子宮頸がん予防ワクチン接種後に見られる主な副反応には、発熱や接種した部位の痛みや腫れ、注射による痛み、恐怖、興奮などをきっかけとした失神などがあります。
    実際に予防接種を受ける際は、ご相談になって、ワクチンの有効性とリスクを十分にご理解いただいた上で、お受けになるかどうかをご判断ください。