Web予約 Sante et Beaute カルテ 産婦人科医 尾西芳子 official blog Ameba

東京都港区高輪3-8-17 メディカルプライム高輪3F 都営浅草線 高輪台駅から徒歩1分

English Page

お問合せはお気軽に

電話

高輪台レディースクリニック

受付

胎児ドック・出生前診断

胎児ドック・出生前検査について

赤ちゃんに先天異常がないか不安なので、出生前診断を受けるか悩むという妊婦さんも増えています。
また、奇形となる先天異常は、妊婦さんの年齢を重ねるごとに発生確率が高まることもわかっています。

当院ではイギリス胎児医学財団(FMF)の試験に合格したNT資格取得者が検査を行うため予約は火曜・木曜となります。
(その他の曜日をご希望の方は事前にご相談ください。)

当院でおこなう初期の染色体異常(ダウン症など)検査

妊娠週数が進むと、母体の血液に含まれる赤ちゃんの細胞や遺伝子情報などの濃度がどんどん薄くなってしまいます。
そのため検査を受けられる時期は、妊娠10週目~18週目までとされており、結果が出るまでに2週間ほどかかります。

≪12~13週頃≫

採血とNT(赤ちゃんの首の後ろのむくみ)測定の組み合わせによるマターナルスクリーン
【マターナルスクリーンについて、他院ではOSCAR検査、FTS(first trimester screening)と呼ばれるところもあります。】

マターナルスクリーン(OSCAR検査・FTS)とは?

①NT(首のむくみ) ②お母さんの年齢 ③赤ちゃんの大きさ ④お母さんの血液検査(PAPP-A,freeβhCG)
この4つを組合せてリスクを出します。世界で最もよく行われている検査です。
エコー所見を確率計算に使いますが、赤ちゃんの異常をエコーで見るものではなく、先天性疾患が起きる確率を予測するスクリーニング検査になります。
確定診断の検査ではありません。

  • 21トリソミー(ダウン症候群)
  • 18トリソミー(エドワーズ症候群)
  • 13トリソミー(パトウ症候群)

以上、3つの確率を予測します。

≪15週頃≫

採血で行うクアッドスクリーンを行っています。
【クアッドスクリーンについて他院ではクアトロ検査と呼ばれることもあります。】

クアッドスクリーン(クアトロ検査)とは?

妊婦さんの血液を採取し、4つの成分(AFP、hCG、uE3、InhibinA)の測定と年齢などいくつかの因子も含めて計算をし、リスク計算(確率)をする検査です。母体への負担が少ない検査です。
先天性疾患が起きる確率を予測するスクリーニング検査になります。
確定診断の検査ではありません。

※母体血清マーカー検査のあとに別な検査を受ける可能性もあります。余裕を持って検査を受けましょう。
※確定診断のためには羊水検査が必要です。

  • 21トリソミー(ダウン症候群)
  • 18トリソミー(エドワード症候群)
  • 開放性神経管奇形(二分脊椎、無脳症)

以上、3つの確率を予測します。

※結果により羊水検査が必要な場合はご紹介させていただきます。

料金

マターナルスクリーン¥40,000+税
クアッドスクリーン¥28,000+税
初再診料別(当院で妊婦健診中の方は初再診料なし)

よくある質問

  • 母体に与える影響はありますか?
    スクリーニング検査では、主に採血や超音波検査なのでリスクはありません。
    羊水検査や絨毛検査は母体に直接影響を与えることで、リスクが高まることがあります。
  • 出生前診断のメリットはなんですか?
    先天性の病気や染色体異常の可能性が高いと診断されたうえで妊娠の継続を選択した場合、事前に心の準備ができる・障害について事前に学んでおける・資金面の調整を考える余裕ができる、などがあります。
    現在はまだ稀ですが、先天異常を早期発見できることで、胎内での治療が可能なこともあります。
  • 高齢出産というのは何歳からのことをいうのですか?
    35歳以上の出産を言います。
  • 不育症の検査は行っていますか?
    行っておりません。どこの病院でも行うことができる抗リン脂質抗体など検査は可能です。